たましん地域経済研究所

たましん地域経済研究所

多摩信用金庫
多摩信用金庫

多摩けいざい

特集 多摩のうごきを知る

ブリヂストン イノベーション パークに迫る

2021年1月25日

ページ 1/2



 今回は、株式会社ブリヂストンのブリヂストン イノベーション パークについて特集する。ブリヂストンでは、新たなイノベーションの拠点として小平市にある開発・生産拠点の再構築を進めている。 同社の技術イノベーションを支える、非常に重要な研究開発拠点。その秘密に迫っていく。


ブリヂストン イノベーション パークの概要


 世界有数のタイヤメーカーであるブリヂストンが更なる進化に向けて動き出している。 その中心的な拠点となるのが、東京都小平市にある旧東京工場を再構築したBridgestone Innovation Park(ブリヂストン イノベーション パーク)だ。 同拠点は、「イノベーションを通じて新たな価値を創造するグローバル拠点」をコンセプトとしており、社外パートナーとともに継続的にイノベーションを起こし、 社会課題の解決に向けた新たなビジネスを展開することを通じて、持続可能な社会の実現に貢献することを目指している。 同社のイノベーション拠点は、ここ東京・小平を含め、世界で3つだけであり、小平は非常に重要な拠点として位置づけられている。


ブリヂストン イノベーション ギャラリーの入口には、世界最大級のタイヤが出迎える。

 イノベーションパーク内には、順次、施設が新設される。まず、Bridgestone Innovation Gallery(ブリヂストン イノベーション ギャラリー)は、ブリヂストンの歩みや事業活動、 さらに未来に向けた活動を紹介する場となる。また、B-Innovation(ビーイノベーション)は、社内外の交流を促進し、共感から共創を通じてオープンイノベーションを推進する場となる。 さらに、B-Mobility(ビーモビリティ)は、テストコースや解析設備を備え、生み出されたアイデアを実車を使って体感、検証する場となる。 2020年11月21日にオープンしたギャラリーを皮切りに、他の施設についても、今後順次オープンする予定だ。

 新たに生まれ変わる小平市の開発・生産拠点であるが、その歴史は長く、現在の地に東京工場が設立された1960年にまでさかのぼる。 その後、1962年には小平技術センターが開設され、「技術の小平」としての研究開発の歩みを進めていくことになる。 現在では、生産拠点の大部分は他へ移管されたが、航空機用タイヤの生産は継続して行われ、約3,000名の従業員が東京工場と小平技術センターで勤務している。


ブリヂストン イノベーション パークの全体像


前へ
1

『多摩けいざい』トップへ戻る


その他の記事はこちら

お客さま景気動向インタビュー 株式会社アドニクス

多摩のうごきを知る イノベーションに挑む多摩地域の中小企業

特集記事一覧

2021.7.30

高尾山観光の現在と未来

2021.7.30

お客さま景気動向インタビュー 株式会社寺子屋

2021.4.26

中小企業とテレワーク

2021.1.25

ブリヂストン イノベーション パークに迫る

2020.10.26

イノベーションに挑む多摩地域の中小企業

2020.7.27

危機に立ち向かう多摩地域の中小企業

お問い合わせ サイトマップ ご利用について
Copyright 2017 The Tama Shinkin Bank
Copyright 2017 The Tama Shinkin Bank