たましん地域経済研究所

たましん地域経済研究所

多摩信用金庫
多摩信用金庫

多摩けいざい

お客さま景気動向インタビュー

株式会社イノウエ

2020年10月26日

ページ 1/1


 ヘアゴムを主力商品として、コンビニエンスストアなどの大手小売店にOEM商品を供給しているほか、オリジナル商品の開発を行っている同社。 消耗品でありながらも使いやすく、品質の良い商品づくりにこだわりを持つ。 最近では、ECサイトの立上げに取り組むなど、コロナ禍でも新たな挑戦を続けている。


 
代表取締役社長 井上毅氏

―― 貴社の概要について教えてください。

 当社は1928年に創業した企業であり、私が3代目の社長になります。 2代目の時代に、当社の代表的商品である「ヘップリングゴム(一般的なリング状のヘアゴム)」を開発し、業界に先駆けて世の中に送り出しました。 ヘップリングゴムを製造する技術は、当社が特許を取得しています。以前のヘアゴムは、つなぎ目を金具で止めていたため髪の毛が挟まる問題が起きていました。 そこで、小さな面積でほとんどつなぎ目がわからない接着方法を生み出し、それを採用したヘアゴムをヘップリングゴムと当社が名付けました。 その後は、当社の強みである品質を向上させながら、時代の変化に合わせて色やバリエーションを豊富にそろえていきました。

 その他のオリジナル商品の開発にも力を入れています。 ヘアゴムは、冬に売上が落ちる傾向があるため、その期間に販売する商品として静電気を除去する機能を持つブレスレットやシュシュを開発しました。 ヘアゴム以外では、化粧小物も取扱いをしています。これは、ヘアゴムと合わせて出荷することで、物流コストを下げる狙いもあります。


同社のへップリングゴム

―― 職場環境づくりについて教えてください。

 当社では、社員の3分の2が女性ということもあり、女性が働きやすい職場環境づくりを心掛けています。 具体的に行っていることは、休暇を取得しやすいようにすることです。 女性は、出産・育児・介護などの負担で男性と比べると、どうしても休まなければならない場合が多くなりがちです。 休むことが悪となってしまうと働きにくくなる一方、休むことがスタンダードになれば、長く働くことができ活躍の機会も増えます。

 そこでポイントとなるのが、定時で退社できるように業務を効率化することです。 普段から定時で退社できるよう業務を効率化していれば、万が一誰かが休んだ場合でも周りの従業員が少しずつ残業するだけで済むようになります。 しかし、ただ業務を効率化しようと社員に伝えただけでは、効率化はできません。 そこで、当社では残業して働いた分の給与を支払うけれども、定時退社できるように業務を効率化するよう指示を出しました。 すると、社員自ら工夫して業務の効率化に取り組んでくれました。


―― 新型コロナウイルスの影響についてはいかがでしょうか。

 当社の売上は、コロナ禍でも順調に推移しています。当社の製品が女性の日常生活に欠かせないものであり、消耗品として継続的に購入されるものであるためです。

 コロナ禍では、リアル店舗の売上の変化から人の移動の変化を感じています。 具体的には、駅前店舗の売上が減少した一方で、郊外型店舗の売上は増加しました。 業種別でみると、コンビニは減少しましたが、スーパーやドラッグストア、100円均一店の売上は増加しました。

 コロナ禍での大きな改革としては、現在、自社ECサイトの立ち上げに取り組んでいます。 今までは、リアル店舗に納品している関係上、競合を避けるために取り組んでいませんでした。 しかし、消費者の行動範囲が制限されるコロナ禍で、ECサイトは新しいお客さまを増やすために必要だと決断しました。


―― ブランド戦略について教えてください。

 当社では、ものづくりに対する4つの想い(品質・安心・地域・環境)を込めたロゴマークを作成して、商品の認知度向上を図っています。 中小企業にはブランド力がないので、店頭に陳列されているだけでは、他社製品との差別化を図れません。 ロゴマークが認知されて、商品の良さを理解して購入する流れになることを期待しています。




―― 地域貢献の活動について教えてください。

 また、地域での認知度を上げることも大切だと思っています。 そこで、当社では地元サッカーチームや学童野球大会のスポンサーになるなど、様々な地域貢献の活動を行っています。 このような活動を通じて地域の皆さんに当社を知ってもらうことで、当社で働いてみようと思う人が少しでも増えたら良いと思っています。


同社主催の学童野球大会

―― 今度の事業の方針について教えてください。

 相手にプレゼントしたいと思える商品を作っていきたいです。 現在は、自分用として購入している方がほとんどです。 黒いヘアゴムを作り続けても会社は存続できるとは思いますが、これでは会社の発展と作り手の楽しみがないので、今後も様々なことにチャレンジしていきたいですね。


(インタビュー日時: 2020年9月18日)

会社概要

株式会社イノウエ

代表取締役社長: 井上 毅

本社所在地: 神奈川県相模原市緑区鳥屋750

業種: ヘアゴム製造業


『多摩けいざい』トップへ戻る


その他の記事はこちら

多摩のうごきを知る イノベーションに挑む多摩地域の中小企業

多摩のうごきを知る 危機に立ち向かう多摩地域の中小企業

多摩けいざい

特集記事一覧

2021.10.25

持続可能な地域づくりに向けた檜原村の挑戦

2021.10.25

お客さま景気動向インタビュー 株式会社エクシード

2021.7.30

高尾山観光の現在と未来

2021.7.30

お客さま景気動向インタビュー 株式会社寺子屋

2021.4.26

中小企業とテレワーク

2021.4.26

お客さま景気動向インタビュー 有限会社バーゼル洋菓子店

お問い合わせ サイトマップ ご利用について
Copyright 2017 The Tama Shinkin Bank
Copyright 2017 The Tama Shinkin Bank