たましん地域経済研究所

たましん地域経済研究所

多摩信用金庫
多摩信用金庫

多摩けいざい

特集 多摩のうごきを知る

オリンピックが多摩地域経済に与える影響

2019年1月25日

ページ 1/2



 今回の特集では、2020年の東京オリンピック・パラリンピック(東京2020大会)が多摩地域に与える影響について分析を行いました。 競技会場の多くが23区内にあることから、大会開催による影響がどの程度多摩地域に及ぶのか実感しづらい中、様々なデータから分析した結果についてお伝えします。



多摩地域と東京2020大会


 東京2020大会で開催が予定されている33のオリンピック競技のうち、多摩地域内で開催が予定されているのは、サッカー、ラグビー、バドミントン、近代五種、 自転車競技(ロード)となっており、東京スタジアム、武蔵野の森総合スポーツプラザが会場となっています。 自転車競技(ロード)については、武蔵野の森公園をスタート地点として、府中市、調布市、三鷹市、小金井市、稲城市、多摩市、八王子市、町田市内を通り、 ゴールの富士スピードウェイを目指します。パラリンピック競技については、車いすバスケットボールの1種目が武蔵野の森総合スポーツプラザにて開催される予定です。
 東京スタジアム、武蔵野の森総合スポーツプラザの収容人数は、それぞれ約5万人、約1万人となっており、競技開催時は多くの観戦客が溢れると予想されます。


図1 多摩地域のオリンピック・パラリンピック競技会場

(出典)公表されている資料を基に、たましん地域経済研究所作成


前へ
1

『多摩けいざい』トップへ戻る


その他の記事はこちら

統計レポート 多摩地域における待機児童の現状

お客さま景気動向インタビュー 株式会社 キャロットシステムズ

特集記事一覧

2019.10.28

ヤクルト中央研究所に迫る

2019.10.28

お客さま景気動向インタビュー ノア コーポレーション

2019.7.25

多摩モノレール20年の歩み

2019.7.25

お客さま景気動向インタビュー 株式会社東京ビルド

2019.4.25

東芝府中事業所に迫る

2019.4.25

お客さま景気動向インタビュー 株式会社渡辺オイスター研究所

お問い合わせ サイトマップ ご利用について
Copyright 2017 The Tama Shinkin Bank
Copyright 2017 The Tama Shinkin Bank