たましん地域経済研究所

たましん地域経済研究所

多摩信用金庫
多摩信用金庫

多摩けいざい

統計レポート

多摩地域の消費動向について

2018年7月25日

ページ 1/3


 人口約420万人を抱える多摩地域では、日々多くの消費活動が行われています。 今回のレポートでは、多摩地域の「消費」に焦点を当てて、その特徴や変化に迫ります。


全国よりも豊かな多摩地域の家計


 まず、全国消費実態調査の結果から、多摩地域の消費について、全国と比較したときにどのような特徴があるか見てみましょう。


 図表1は、多摩地域の2人以上勤労者世帯の平均的な家計について、1か月間の収入と支出の状況を表しています。 実収入について見ると、51万円と、全国平均を上回っています。 特に世帯主の勤め先収入が高く、その一方で、配偶者の勤め先収入と社会保障給付(主に年金給付)が低くなっています。 これは、全国と比較して共働き率が低いことや、女性の正社員比率が低いこと、また世帯当たりの65歳以上人員が少ないことが影響しているものと考えられます。


 続いて実支出について見ると、41万9千円と、実収入と同様に全国平均よりも高くなっています。 中でも、教育に対する支出額が全国の約1.5倍高いことは特筆すべきです。 教育費の内訳を見ると、学習塾や習い事などへの支出額が高いというよりは、むしろ学校などにかかる支出額が高くなっています。 多摩地域の高い大学進学率が、より教育費が高額になっている要因のひとつと考えられます。 また、食料についても7千円ほど高くなっています。 この内訳としては、外食費が全国よりも3千円以上高いほか、生鮮野菜についても支出額が高くなっています。


図表1 多摩地域の2人以上勤労者世帯における1か月間の収入と支出



前へ
1

『多摩けいざい』トップへ戻る


その他の記事はこちら

特集 国文研の魅力に迫る!

お客さま景気動向インタビュー 株式会社サン・エキスプレス/遠藤商事株式会社

多摩けいざい

特集記事一覧

2019.7.25

多摩モノレール20年の歩み

2019.7.25

お客さま景気動向インタビュー 株式会社東京ビルド

2019.4.25

東芝府中事業所に迫る

2019.4.25

お客さま景気動向インタビュー 株式会社渡辺オイスター研究所

2019.1.25

オリンピックが多摩地域経済に与える影響

2019.1.25

お客さま景気動向インタビュー 株式会社キャロットシステムズ

お問い合わせ サイトマップ ご利用について
Copyright 2017 The Tama Shinkin Bank
Copyright 2017 The Tama Shinkin Bank